スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE LORD IS MY LIGHT




今日はTHE LORD IS MY LIGHTです。

これは聖書の詩編27編1〜2節というところそのままの引用です。

日本語聖書で
「主はわたしの光、わたしの救い
だれを私は恐れよう。
主は わたしの命の砦。
だれを私はこわがろう。
2
悪を行うものが
わたしの肉を食らおうと、私に襲いかかったとき
私の仇、私の敵、彼らはつまづき、倒れた。」

これはダビデという王様によって歌われた詩です。

ダビデの人生は ただの羊飼い
そこに思いもよらず 幼少時に油注がれ 後の王と定められるところからスタートします。

王になる直前には 幼少期に可愛がられ仕えていたサウルという王様に
嫉妬され命を狙われ逃げ続けました。
それが終わったと思うと ダビデはアブシャロムという自分の息子に追われることになります。
その他にも ダビデには奥さんがたくさんいて、
腹違いの息子がたくさんおり その息子同士のいさかいが絶えずあり
ダビデ自身も自分の息子に命を狙われるという人生を送りました。
ダビデは追われ逃げまわる人生のなかでいつも神様に祈り歌っています。
この曲もその中のひとつですが 時代背景ははっきりしていないものの
サウル王の死後ではあるようです。サウル王に追われる経験により
神様への信頼がれっきとしたものとなり この歌を歌っていますから。

この「敵が襲いかかったとき」というのがすごいですね。
敵から逃げて隠されているのではなくて
敵が襲いかかってきたときに 彼らはつまづき倒れる、と。
敵にとっては恥ずかしい事です。
「肉を食らおうと襲いかかる」
山の中に逃げていますから
多分 敵は人だけではないとも想像ができます。
羊飼いの時代の話でも 野獣と戦って来たことがありますから。

歌詞を今風に簡単に言えば 
「イエスキリストがご一緒ならば 私は向かうところ敵がありません!」
という意味です。

イエスキリストという神様を信頼し心にお迎えすれば 
私たちがどこにいても道を間違えても 
全てのところに私と共にいて下さいます。
それがインマヌエルなる方です。

それを掲げて力強く歌いたいですね。
この聖書の詩編27編のしめくくり
「待ち望め。主を。雄々しくあれ。心を強くせよ。待ち望め。主を。」

雄々しくあれ。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

Kae

Author:Kae
G.M.S.
Kae Masuda
Copyright © 2013-2017 Kae M All Rights Reserved.

RCI礼拝メッセージも併せてどうぞ
RevivalChurchInternational

曲名
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。